2008年03月18日

アタック銚子

080315_a_kamine.jpg
ブルベ3/15埼玉400km「アタック銚子」

今年の400kmは新しく設定されたルートをトレースします。先月の300kmは途中棄権でした。今年SRを目指すと公言している身としてはこの400kmはターニングポイントになります。まだまだこれから各地で行われるブルベは300kmに限らず沢山ありますので何も慌てなくていいのですが、自分の中ではここで結果を出さないと駄目でしょうとプレッシャーをかけました。

結果から、無事完走することが出来ました。日中は暑く、夜は放射冷却で思いのほか冷え込みました。3月はまだ冬なんだと思い知った次第です。

走行距離:409.78(公式総距離405.2km)※ちょっとミスコース付きなのだ!今回もかい(笑)

080315_b_No1kukan.jpg
快調に…いやちょっと身の丈に合わないオーバーペース(第一区間)

080315_c_No1kukan2.jpg
最初のPC1までは98.9km、そのうちナビゲーションの必要の無い区間は56.9km。その後ぐるっと周って馴染みのあるルートに戻るまで286kmほどが未知の世界、それがまた良いのです。


スタート地点まで車に自転車を載せ向かう、途中環状八号線から笹目通りへ分かれる井荻トンネル内で事故渋滞。いつだったかも環状八号線で渋滞に巻き込まれたことがありましたが、実に精神衛生上よろしくない。

スタート地点近くのいつものコンビニに寄ると、明らかにブルベ参加者と思われる人たち数人。お互い知り合いでなくとも御挨拶。そうこれから400km走りぬく同志なんですな。

受付も済ませ知ったお仲間に御挨拶するも一人足りない。どうしたんだろう寝坊?DNS?それとも間違って青葉(同じ日に神奈川では200kmが開催されていました)に…そんな冗談も交じりながら、それでも誰も気に留めない。そうブルベは自己完結(爆)

さてブリーフィングも終わりほどなく車検となりました。車検では「ちゃんと走って帰ってきてね」と言われます。そうです先月の300kmは途中棄権でしたから電車で帰って来ちゃったのでした。しっかりプレッシャーを頂きます。S会長ありがとうございました。

第一区間98.9km
スタートからかなり良いペースです、いつものことながら高速列車に一旦乗ってしまうと降りる勇気がありません。なかなか大人になりきれない自分に自問自答です。JINさん・kazuさん・tanyさんと他数名。第1PCに到着した時のサイコンが示すアベレージは28kmを越え29kmに迫る値でした。9時スタートでお昼を軽く過ぎていましたのでおにぎりと野菜ジュースに牛乳を補給します。少し水分が多いのは気温の上昇があったと思います。

食べ足りないかなと感じつつ仲間の再スタートに合わせます。いつも手が鈍く休憩が長いのが皆さんに遅れる原因のひとつですから喰らいついてみました。アレレこう書いて気がつきましたよ、喰らいつくぐらい既に一杯一杯だったってことですね。まだ1/4ですがなにか

ほぼフラットといわれるルート設定ですがまるっきし平坦な訳がありません。例えば小貝川に架かる埼玉ブルベでは超お馴染みの平和橋でさえ峠として数える私としては踏ん張りどころ満載なんです。

第二区間74.7km(173.3km)
リスタートも少し行くとJINさんのペースに付いていけません。kazuさんに先にどうぞとお伝えし一人旅になりました。休憩後の立ち上がりが遅いってことは既に疲労を伴っている証拠です。う〜んまだまだショボイなあ。

一旦一人になるとペースをあげることが出来なくなります。登りは激遅ですので下り基調や平坦になったら出来るだけスピードを維持しようと思いました。

114kmほど走ったところでJINさんとkazuさんに一旦は追いつきましたがあっさりまた離されます。少し登りもあってこれで完全に千切れたと思いました。

暫く進んで追いついたkazuさん・後から来たtanyさんと128.9km地点にある自販機で休憩します。さてここが足りていない部分、再び手の鈍い私は二人のリスタートに合わせられませんでした。こんなところが駄目なところ。結局進歩なしっすね。

一人で走りはじめるもペース上がらず二人の姿はついに見つけることが出来ませんでした。JINさんとは50号線が最後でした。よさげなトレインに無賃乗車しながら進みますが、ペースがつかめず再び一人旅。途中補給でコンビニストップ。第二区間74.7kmの間に2度もストップしています。これでは先行している仲間に置いていかれる一方ですね。

なんとかPC2に転がり込みます。パパさんの後姿が見えた気がします。やっぱりまだまだですな、前は諦めノンビリ休憩を決め込みます。どんべぇにおにぎり2個、さらに水分もたっぷり摂りました。

ここでは野州さん・シンザカヤさん・かっちんさんにお会いしました。暫くして調子の出ないTakさんも到着。さらに話題のとしくん到着です。聞けばアクセスを間違え関越経由でスタート地点に来たとか…楽しい人です。さらにさらにやくさんにもお会い出来ました。

長く休憩すると色々な方に会えます…いいのかそれで???しかも皆さん先に出発されて行きました。あっ、やくさんは後だったようですが鹿島でコンビニ休憩を摂っている際にかっとんで行きました。

第三区間55.7km(229km)
PC2からTakさん・としくんと一緒に走ると固い約束?をしました。ペースを抑え気味に時に会話しながら進みます。日が沈み夜が来ました。20km程度走ったところでまたコンビニストップ。先を慌てない作戦です。
鹿島から銚子大橋までの単調な直線路が堪えますがまだ良いほうだったと後で思い知ります。休憩中にやくさんが通り過ぎて行ったのは先ほど書きましたね。

リスタート後200kmをサイコンが示したあたりでアクシデント発生です。信号待ちで立ちゴケです。右足のクリートは嵌めたままで立っていたのですが、路肩の傾斜に前輪が取られ自転車が右側へ倒れこみました。まるで右足首をきめられマットに倒れこむレスラーのようんな感じであっけなく転倒となりました。それでも路肩が広く同じく信号待ちしていた車にはぶつからずに済みましたので助かりました。怪我も無く逆に単調なルートでしたので良い刺激になったかな。

銚子大橋を渡り…少し私が先頭にいる場面で今回もやっちまいました見事にミスコースです。そろっと頭もその回転を止めようとしているようですって集中力が切れるの早すぎです。地元のタクシー運転手に聞けば大丈夫だと思ってたまたま止まっていたタクシーのドライバーに聞くも埒が明きません。微妙に役に経たず残念、でもありがとう。結局解かるところまで戻ることにしました(笑)

080315_d_No3kukan.jpg
途中懐かしい場所、昨年夏に来ましたね。この日はすっかり夜になっちゃいました。

PC3に到着すると応援部隊が出迎えてくれました。AJ千葉の方でしょうか?よく解かりませんが馴染みの方もいらしたようなのでまるきし関係なくもないようです。ここでもカップラーメンにおにぎりだったかな、すでに記憶も怪しいです(笑)それでもいつも胃袋が受け付けなくなりますから食べれていることは良い事だと前向きに捉えたいと思います。

ここでは遠く愛知から参加された方とほんの少しですがお話しさせてもらいました。少し寒さが身に沁みて来ました。やっぱり3月はまだ冬です。ここまで放射冷却が強くなるとは思いませんでしたから、準備不足もあってシンドイことになってきました。

しっかり装備しておきたかったのはインナーの着替えです。日中はメッシュ半袖で夜間は冬用の長袖インナーにするべきでした。昨年は赤城ってこともあって装備したのですが、今回は完全に甘く見ていました。この冬得意そうに使っていたカイロもウォームアップオイルもありません。

第四区間32.6km(261.6km)
この区間の距離は短めですが地球展望台から屏風岩とアップダウンと海沿いになる九十九里を少し走ります。変化に富んでいて昼間だと気持ちよいだろうなと思いつつすっかり夜ですからね、昨年も赤城山は真っ暗だもんな。ひいこらアップダウンをこなし下ったところ246.2km地点で野州さん・シンザカヤさん・カッチンさんに追いつきますが挨拶もそこそこまた離されました。走っていると寒さは気になりませんが冷え込み加減がちょいと気になります。

PC4につくと再び食べます。なんと唐揚弁当!そうです元気に食べれることが嬉しいです。身体は疲れてきていますが気分は上々寒さが気になりますが休憩中はエマージェンシーシートを出してくるまります。あまり長く休憩しない人が多いなか、我々はほんとにノンビリ過しました。

第五区間81km(342.6km)
PC4に着いたときにはけっこう大勢の同士がいたのですが、気がつけばすっかり我々だけです。リスタートは寒さに震えながらケイデンスアップで発熱を促します。ここから内陸に入っていきますが冷え込みがさらに厳しくなってきました。救いは風が無くなって…あいや追い風になる予定が狂いました。

放射冷却で地表から靄が立ちます。バルタン星人が出てくると思いましたが…でも我々3人はサンプルには適さなかったようです(笑)少し眠くなってきて二人から遅れ気味になってきました。木曜日は徹夜でした、下手するとDNSもあったのです。なんとか仕事を片付けての参加でしたから寝不足です。Takさんが自転車しりとりを提案し繋ぎます。

しかしこの区間の80kmの長いこと長いこと。鹿島の直線よりこの80kmはサイコンが壊れているんじゃないかと思うほどでした。集中力を欠いていたのでしょう路面に空いた穴に前輪を落とした瞬間ハンドルが前傾してしまいました。コンビニにストップしてもらい治しますが、ライトもひとつバラバラになっちゃいました。どれも治るものですが整備不良に凹みます。

コンビニにはやはりこの区間でも2度吸収されました。集中力を欠くようなら休んだほうが身の為です。馬鹿な話をしながら鋭気をやしないリスタート。成田の街中ものんびり話をしながら進みました。
なんとかPC5に付きますがすっかり誰もおりませんがな。ここでもしっかり補給!としくんも燃費が悪いけど食べられることが重要だよと話します。

最終区間62.6km(405.2km)
さあ残り62.6kmですちょっと走れば慣れた道に戻ります。寒さもそうですがここえ来て一番の敵は睡魔ですね。追い込まずゆっくり走っていたことも誘発する原因のひとつでしょう。でも残りは見えていますから楽なもんです。空が明るくなってきたところで3人の睡魔が一致しました。そこは坂東、どうゆうわけか冷え込みが激しいんですこの辺り。でもそれどころではありません歩道で各々仮眠しましたよ多分10分から15分ぐらいかな。少しスッキリして再び漕ぎ出します。

すっかり辺りが明るくなり徐々に気温も上がってきました。それでもまた睡魔が襲ってくるので利根川では土手で止まり3人でチョコレートパンを食します。

080316_e_tonegawa.jpg
利根川の土手にて、もうゴールは近い。

野田の市街地に入ってからもコンビニで止まり補給です。誰かが必要とするならそれは迷わずストップです。そうです我々3人はPC2から何があっても一緒にいました。お互いがルートを読み励ましあいながら走ってきました。これってフレッシュだよね?てかずっと前からコトあるごとにブツブツ言っていたのはコレね。コレがやってみたかったのよ俺。仲間といると我侭出来ませんから我慢もときに必要なんですよ。でもそれをお互いが乗り越えてワイワイ仲間でゴールする。どうよ楽しかったぜやっぱり。あっ二人がどう思っているか解からないけどね(爆)

ゴール地点はすっかり明るいですから気温も上昇してリラックスできました。スタッフが用意してくれたうどんが沁みます。前回のこともありましたから完走は正直嬉しいです。たわいもない話でワイワイ笑えば疲れも吹っ飛びますな。ハイパフォーマンスは叶わなかったけれど違うなにかを楽しめたと思う。

としくんはまた関越経由で帰ったのかなw
Takさんと帰りますがやはり睡魔が来て途中のコンビニで少し仮眠を取ってから帰りました。

参加された皆様、お疲れさまでした。またスタッフの皆様大変お世話になりました。いつもいつもありがとうございます。

600?ええ勿論即決です。その場で申し込みました。ワッハッハ
来月フレッシュの皆さん頑張ってね。
posted by ばっちゃん at 01:17 | Comment(7) | TrackBack(1) | 走る
この記事へのコメント
PC1まではホントに速かったですねえ。この先どうなるかと心配しちゃいましたよ。
銚子のイカ釣り船も明るくて印象に残ってますね。
今回はタイムアタックしちゃいましたけど、チームで走るのも良いなあと思った次第であります。お疲れ様でした。
Posted by ふつうのパパ at 2008年03月18日 21:40
お疲れ様です。

読んでるとくじけそうになったりトラぶったりみんなで力をあわせてやっとゴールしたみたい。

でもタイムは早いんだよな〜(笑)。

そういえば300はどこにするんですか?
Posted by おいちゃん at 2008年03月18日 22:52
おつかれさまでした〜。
途中仮眠入れたけど、下道でちゃんと帰れましたw
3人で一緒に走れて楽しかったですよ!
というか、一人だったら、くじけてそうです^^;
そうだそうだ。唐揚げ弁当食ったんだった。
忘れてました(笑)。
Posted by とし at 2008年03月19日 07:24
お疲れ様でした。
前半はかなり調子良さそうに見えましたよ。
これならフレッシュも大丈夫でしたね。
Posted by tany at 2008年03月19日 09:19
>ふつうのパパさん
速かったですねぇ100km弱でアベレージが29kmに届きそうでしたもんね。
チームでさらにハイパフォーマンスだと
いいんですけどね

>おいちゃんさん
コースレイアウトがですねほぼフラット、
参加者みんなが速かったです。
取りこぼしている300は今のところ神奈川を
考えています。

>としくん
胃袋の強さは問題なさそうですね、もう少し
追い込んで漕ぐとまた違った世界が見える
と思うよ。もちろん今回のペースで全然問題
ないんだけどね。こちらこそお付合い頂いて
ありがとうございました。

>tanyさん
前半の良さを続けられれば…
まぁハイパフォーマンスはお任せします。
フレッシュ行けましたかね?でも今年は
とにかくSRです。
Posted by ばっちゃん at 2008年03月20日 11:53
お疲れ様でした。

あれ?鹿島で追い越したのですか。全然気が付きませんでした。
あの区間、変化が無くて数字以上に長く感じましたね。

600、頑張ってください。
自分は考え中。少なくとも埼玉は無理です。
Posted by やく at 2008年03月20日 21:40
>やくさん
はい、我々は通り沿いのコンビニからやくさんを確認しています。なかなか銚子に着かないので会話も交えてノンビリ行きました。600kmになると初めてのチャレンジです。なにしろ周りにSRがゴロゴロいるので刺激になっています。
Posted by ばっちゃん at 2008年03月20日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89961580

この記事へのトラックバック

埼玉400アタック銚子レポート
Excerpt:  今年も、3月なのに早くもブルベの400kmに挑戦です。  アタック銚子といっても、コースは、ご覧の様に茨城を二度も横切って行こうという酔狂なもの。なお、PC1、4、5は微妙に位置が違っております。..
Weblog: 【ふつうのパパ】の部屋
Tracked: 2008-03-18 21:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。