2008年03月10日

痛し痒し54.85km+51.75km

すっかり春ですな、朝晩はまだヒンヤリですが日中は穏やかになりました。風が強い日が多いような気がしますね、しかも何処にいっても向かい風だったり(笑)

しかし花粉症の人にとってはこれも痛し痒し。まぁ季節は巡るわけで避けて通ることは出来ません。それなりに覚悟はしているのですがこの週末はすっかり弱気モードの2日間となりました。

土曜日(仕事が終わらず出発は午後2時)羽村往復54.85km
080308_hi.jpg
ヒ♂に男前バーテープをあげた。

彼は一番歳の離れた自転車のお友達だね、白いバーテープをあげると約束していたんだ。junさんに連絡を取ると本人もOKとのことで福生南あたりでおちあう算段。一人で走ってこれるようになるなんて時の流れは早いなあ。無事合流して羽村まで一緒に走る。あいやー大人になったもんだ。

パンク修理の道具を持っていないようだったので突っ込むとパンクしないように願うとかなんとか、でも帰り道私がしっかりパンクしちゃいました。気がついても話題にするんじゃなかった(笑)

ゼロに新品のチューブラ(パナ・プラクティス)だったのに…気をつけて走ったつもりだったのに…安価なタイヤですが流石におろしたては悲しい。

やはり自転車を降りて休むとクシャミ連発。短い距離の割りに疲労感たっぷりになりました。

日曜日(すっかり弱気で出発は午後1時)連光寺+尾根幹往復+国立往復51.75km
080309_renkouji.jpg
連光寺坂上交差点を左折でさらに登った先にある眺め

もう最高の陽気なのに、怖くて出れない(ちょっと大袈裟)…それでも少しでも走ろうと思って準備する。メッシュのアンダーに半袖ジャージ+アームウォーマー、レーパンにニーウォーマーとすっかり春の装い。日が陰る前に帰るのが前提ね。

連光寺は追い込まずゆるゆる。坂上交差点から34×17で頂上まで。乳酸を溜めない走りが出来て満足。まぁレベルはあれだいいのいいの(笑)止まって休むとクシャミ連発。さっさと次へ、尾根幹をこちらも頑張らない走りだけど。コンスタントに刻む意識。折り返して向陽台まで戻り是政橋から多摩川で国立往復。

折り返し手前で土手下に見覚えのあるシルエット。急いで折り返し四谷のセブンに目をやるといらっしゃいましたbicirosaさん。風張・松姫・大垂水を走ってきてこの時間にもうココに居るって…しばし談笑で楽しい時間。ありがとうございました。

bicirosaさんとお別れしY'sでちょろっと諸々確認(スミマセン眺めるだけで…)ちょっと肌寒くなっちゃったけれど明るいうちに帰り着く。

陽気の良かった2日間で100km…仕方ないクシャミってそれだけで結構疲れるんです。てか次の週末は400kmだねえ、いいんだろうかこんなことで…
posted by ばっちゃん at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 走る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。